新500円硬貨が発行 21年ぶり、2色で偽造防止

新500円硬貨
新500円硬貨

政府は1日、新500円硬貨を発行した。日銀から民間金融機関への支払いが始まり、世の中に出回る。偽造を防ぐため2色を組み合わせたり、貨幣の縁の内側に小さな文字を加えたりしたのが特徴で、図柄自体は現在とほぼ変わらない。新しい500円硬貨の発行は2000年以来21年ぶり。

21年度は2億枚の発行を予定しているが、現行の500円硬貨は約50億枚流通しており、しばらくは新硬貨を手にする機会は少なそうだ。