4事件で家宅捜索14カ所 公選法違反の疑い

警察庁は1日、衆院選で買収など公選法違反容疑事件が全国で4件あり、計14カ所に家宅捜索に入ったと発表した。同庁は捜索した都道府県警や対象となった陣営などを明らかにしていない。

候補者のポスター破りや落書きなどをしたとして、愛知や奈良など4県警が計4人を逮捕した。投票所内で投票管理者に暴行した疑いで1人を逮捕しているが、都道府県警名は明らかにしていない。