東京円、114円台前半

当選確実となった候補者にバラをつける自民党総裁の岸田文雄首相と拍手をする党幹部ら=31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
当選確実となった候補者にバラをつける自民党総裁の岸田文雄首相と拍手をする党幹部ら=31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

週明け1日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台前半で取引が始まった。

午前9時現在は前週末比63銭円安ドル高の1ドル=114円23~24銭。ユーロは55銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円02~09銭。

衆院選で与党が絶対安定多数を確保したことで、政治が不安定化することへの警戒感が後退し、相対的にリスクが低い通貨とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。