首長経験者対決は米山氏に軍配 新潟5区

万歳三唱をする新潟5区の米山隆一氏(中央)。左隣は妻の室井佑月さん=31日、長岡市(太田泰撮影)
万歳三唱をする新潟5区の米山隆一氏(中央)。左隣は妻の室井佑月さん=31日、長岡市(太田泰撮影)

第49回衆院選で首長経験者対決として注目を集めた新潟5区では野党統一候補の無所属新人、米山隆一氏(54)=社民党推薦=が初当選を確実にした。 前の新潟県知事の米山氏が、元県知事で自民前職の泉田裕彦氏(59)=公明推薦、元長岡市長で保守系無所属新人の森民夫氏(72)との戦いを制した。「多くの支援をいただき、この勝利をつかむことができた。感無量」と選挙を振り返った。

共産党などの野党や労働組合の連合新潟、市民団体の市民連合@新潟から支援を受けた。勝因について「みなさんが力を貸してくれ、全体として非常にうまく機能したことも大きな要因」と語った。妻で作家の室井佑月さんも選挙区内をこまめに回り、女性らの支持を集めた。「妻のファンが私に興味をもってくれたのは選挙でプラスになった」と米山氏は感謝の言葉を口にした。

泉田氏は、自民党支持層の一部が森氏に流れたのが痛かった。森氏は草の根の運動を展開したが及ばなかった。