旗、マフラー振る応援容認 Jリーグ実行委員会

Jリーグは1日、オンラインで実行委員会を開き、観客が試合会場で大きな旗やタオルマフラーを振る応援行為を容認することで合意した。新型コロナウイルス感染防止のため独自に規制していた。4日に予定されるクラブの運営担当者との会議を経て正式決定する。

政府の大規模イベント緩和方針で1万人を上限とする観客制限が解除されたことに伴い、11月から収容数の50%を上限に開催する。会場内の来賓対応では感染対策を講じた上でビュッフェ形式の食事提供を許可した。