京王線刃物男「人を殺して死刑になりたかった」

事件のあった京王線で、車内を走って逃げる乗客。炎が上がっていた=31日夜、東京都調布市の国領駅(乗客提供)
事件のあった京王線で、車内を走って逃げる乗客。炎が上がっていた=31日夜、東京都調布市の国領駅(乗客提供)

警視庁によると、京王線で乗客が刃物で刺されるなどした事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたのは自称、服部恭太(はっとり・きょうた)容疑者(24)。「人を殺して死刑になりたかった。2人以上殺せば死刑になると思った。(8月に起きた)小田急線の事件を参考にした」と供述している。