山口FG、12月の臨時株主総会に吉村氏の解任議案

山口フィナンシャルグループ(FG)は1日、新銀行の設立構想をめぐり解任した吉村猛前会長グループCEO(最高経営責任者)の取締役解任を求める議案を臨時株主総会に提案すると発表した。臨時株主総会は12月24日に開催する。

山口FGは10月の臨時取締役会で、新銀行構想など一連の経緯から吉村氏が取締役としての資質を有していないと判断し、辞任を求める勧告を決議していた。しかし、吉村氏は勧告を受け入れず、辞任を拒否しているという。

吉村氏に代わる取締役には曽我德將専務執行役員を就ける方針で、臨時株主総会に選任議案を提出する。

また、新銀行設立構想については「地方創生に資する当社のビジネスモデルに整合しない構想」だと判断し、検討を中止すると発表した。