自民議席減に韓国紙「岸田政権短命の可能性も」

韓国国旗
韓国国旗

【ソウル=時吉達也】31日投開票の衆院選で与党自民党の議席が減少する見通しとなったことについて、韓国メディアは「『自民1強』体制にひびが入った」などと一斉に速報した。

朝鮮日報は、甘利明幹事長ら自民党の有力議員の劣勢が伝えられていると詳報。連立与党は維持される見通しだとした上で「結果次第では岸田文雄政権が短命に終わる可能性も浮上している」と報じた。

一方、中央日報は選挙戦を通じ、「世論を刺激しやすい韓日関係は主要議題とならなかった」と指摘。選挙結果は「韓日関係に大きな影響を与えないとみられる」と伝えた。