維新、岸田政権に「是々非々で臨む」

会見に臨む日本維新の会・松井一郎代表=31日午後、大阪市北区(永田直也撮影)
会見に臨む日本維新の会・松井一郎代表=31日午後、大阪市北区(永田直也撮影)

日本維新の会の松井一郎代表は31日の記者会見で岸田文雄政権に対するスタンスを問われ、「いいことはいい、駄目なものは駄目というスタンスで臨みたい」と述べた。

松井氏は9年近くに及んだ安倍晋三、菅義偉(すが・よしひで)両政権に対しては、親密さをアピール。一方で、自民党総裁選で市場原理を優先した新自由主義からの脱却を公言し、分配重視を打ち出した岸田首相に対しては、「岸田さんの言っている意味がよく分からない」と批判していた。

松井氏は会見で「安倍・菅両政権に対しても是々非々の対応をしてきた。(岸田政権に対しても)同じことだ」と説明した。