将棋竜王戦、藤井三冠が3連勝で最年少4冠に王手

対局する藤井聡太三冠=10月31日、福島県いわき市の「新つた」(代表撮影)
対局する藤井聡太三冠=10月31日、福島県いわき市の「新つた」(代表撮影)

将棋の豊島将之竜王(31)に藤井聡太三冠(19)=棋聖・王位・叡王=が挑戦している第34期竜王戦七番勝負の第3局が10月30、31の両日、福島県いわき市で指され、先手の藤井三冠が93手で勝ち、シリーズ3連勝で初の竜王獲得に王手をかけた。

藤井三冠は10代初となる6人目の4冠同時保持が懸かる。一方、3連覇を目指す豊島竜王は失冠すると、無冠に転落する。注目の第4局は11月12、13の両日、山口県宇部市で行われる。

本局の戦型は両者間では7局ぶりとなる角換わり。1日目は早い段階から銀交換の激しい展開で進み、長考合戦となった。37手目に藤井三冠が1時間3分、38手目に豊島竜王が1時間41分、39手目に藤井三冠が1時間45分と、3手で4時間半近くを費やした。

2日目も互角の戦いが続いた。午後に入って徐々に形勢を損ねる豊島竜王に対し、藤井三冠は冷静な読みで優位を築き、最後は豊島竜王の攻めをかわして勝ち切った。

終局後、藤井三冠は「本局は分からないところが多かった。第4局まで少しでも修正してよい状態で臨みたい」、豊島竜王は「内容を良くして1局でも多く指せるようにしたい」と、それぞれ語った。