大きく変わってもハーレーらしさは健在 新型スポーツスターS試乗記

ハーレー・ダビッドソンの新型「スポーツスターS」に田中誠司が試乗した。アンダー200万円で楽しめる最新ハーレーの実力とは?

約25年前に乗ったスポーツスター883の記憶

いまから25年近く前、ぼくにとってのハーレー初体験は友人の「スポーツスター883」だった。

たまたま休日を静岡のあたりで過ごすことになって、ある友人の女性に連絡を取ったところ、その日彼女もそのあたりを通ることになっていて、であれば途中まで一緒に行こうよ、ということになったのだ。

詳しいことはもう覚えていないけれど、青々とした田んぼが広がる田舎の真ん中でしばらく談笑したあと、ぼくは当時の愛車だったBMW「M5」の助手席に彼女を乗せて、軽くテールを滑らせながら山道を駆け抜けた。

そのあと、彼女からヘルメットとグローブを借りて、ぼくはスポーツスターを初めて走らせた。サイドスタンドを払って車体を起こすときの重みを、ぼくはまだ覚えている。コンパクトで低重心に見えても、ずしりと左足にのしかかる重さだ。どちらかといえば細身の彼女がよくこんなものを平然と走らせているものだと思った。当時のバイクで典型的だったアルミとプラスティックの組み合わせではなく、こいつは鉄の塊なのだ。

走り出して、車体がスリムなことにもおどろいた。ステップが前方にあることも手伝って、いわゆるニーグリップができない。ハーレーならではの鼓動感とか、低速トルクの豊かさといったものはむろん伝わってきたものの、世の中にはいろんな乗り物があるんだなあ、と感心はしただけで、自分にはハーレーはまだ早いな、と思ったものだ。

ぼくよりふたつ年下である彼女にとって、ハーレーを所有するタイミングは早すぎはしなかった。それから2年もしないうち、彼女は大学の同級生と結婚すると同時に、ふたりで会社を辞めて2年間、世界1周の旅に出てしまったのだ。『世界一周デート』という本も帰国後に刊行した。