維新、来夏の参院選「できるだけ多く」擁立へ

会見に臨む日本維新の会の松井一郎代表(左)と吉村洋文副代表=31日午後10時4分、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)
会見に臨む日本維新の会の松井一郎代表(左)と吉村洋文副代表=31日午後10時4分、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)

31日に投開票が行われた衆院選で、同日開かれた会見に出席した日本維新の会の松井一郎代表は、今回の結果を来夏の参院選にどう生かすかとの質問に「今回、(議席の)数を増やしていただいた。それぞれの選挙区で戦ったメンバーを中心に参院選も全力で戦いたい」と意欲を見せた。

参院選で擁立する候補者数については、「馬場(伸幸)幹事長に選対本部長として、今回の衆院選でも候補を発掘してもらった。できるだけ多くの候補を発掘してもらいたい」と求めた。