優勝決定戦は立命大vs.関学大 関西学生アメフト

【立命大ー神戸大】第3クオーター、タッチダウンを奪う立命大のRB平松=10月31日、神戸市王子スタジアム(榎本雅弘撮影)
【立命大ー神戸大】第3クオーター、タッチダウンを奪う立命大のRB平松=10月31日、神戸市王子スタジアム(榎本雅弘撮影)

アメリカンフットボールの関西学生リーグは31日、神戸市王子スタジアムでA、B各組の最終戦が行われ、A組は立命大が神戸大に45-21で、B組は関学大が関大に20-10で勝ち、ともに3連勝で組1位を決めた。両校は11月14日に優勝を懸けて対戦。A組2位の近大とB組2位の関大は同13日に3位決定戦を戦う。

【関学大ー関大】第3クオーター、タッチダウンを決めて喜ぶ関学大のRB前田(左)=10月31日、神戸市王子スタジアム(榎本雅弘撮影)
【関学大ー関大】第3クオーター、タッチダウンを決めて喜ぶ関学大のRB前田(左)=10月31日、神戸市王子スタジアム(榎本雅弘撮影)

今季はコロナ禍のため通常の8チーム総当たりのリーグ戦から、A、Bの2組に分かれてリーグ戦を行った後、各組の同順位チームが対戦して最終順位を決める方式に変更。3位までが全日本大学選手権に進む。