NTT東がエイト6連覇 ボート全日本選手権

ボートの全日本選手権最終日は31日、埼玉県の戸田漕艇場で各種目の決勝が行われ、男子エイトは東京五輪シングルスカル11位の荒川龍太らを擁するNTT東日本が5分45秒48で6連覇を果たし、大会史上最多の連続優勝記録を更新した。

女子はダブルスカルで、東京五輪軽量級ダブルスカル10位の大石綾美らのアイリスオーヤマが2連覇を達成。4人スカルは明治安田生命が制し、東京五輪で大石と組んだ冨田千愛らの関西電力は4位だった。

男子ダブルスカルは西村光生、大元英照組のアイリスオーヤマが2連覇した。