期日前と当日で二重投票 名古屋市、用紙交付ミス

名古屋市南区選挙管理委員会は31日、南区内にある衆院選の投票所で、期日前投票を済ませた同区の80代女性に誤って投票用紙を交付し、二重投票となるミスがあったと発表した。区選管は「当該票を特定することが困難」とし、いずれも有効とする。

区選管によると、女性が訪れた際、担当者が期日前投票を済ませたことを示す名簿上の印に気付かなかった。投票後に再度名簿を確認して判明。女性は「期日前を済ませたかどうか覚えていなかった」と話したという。