維新躍進「改革の実績、評価された」 吉村副代表

会見に臨む日本維新の会・松井一郎代表(左)と吉村洋文副代表 =31日午後、大阪市北区(永田直也撮影)
会見に臨む日本維新の会・松井一郎代表(左)と吉村洋文副代表 =31日午後、大阪市北区(永田直也撮影)

31日に投開票が行われた衆院選で、同日開かれた会見に出席した日本維新の会の吉村洋文副代表は、本拠地とする大阪府を中心に議席を伸ばした要因について「大阪で改革の実績を積み上げてきた。小さなことを含め、地方議員の仲間と一緒に積み上げたこと、約束したこと、守ってきたことが評価された」と分析した。

そのうえで、「これからも挑戦する政党、改革する政党として前に進んでいくことが重要。多くの人に支援をいただいたのは、裏を返せば責任が生じたということ」と強調。当選を確実にした候補には「ぶれずに前に進めてもらいたい」と期待を寄せた。

一方、松井一郎代表は「改革、成長、分配を前面に押し出し、公約に掲げて戦ってきた。結果は自公で過半数だが、この日本に構造改革が必要と言い続けてきたことに賛同してもらえる方が一定数おり、われわれの議席増につながった」との見方を示した。