ワリエワ、世界最高得点更新で圧巻初V フィギュアGPシリーズ

女子で優勝したカミラ・ワリエワのフリー=バンクーバー(カナディアンプレス提供・AP=共同)
女子で優勝したカミラ・ワリエワのフリー=バンクーバー(カナディアンプレス提供・AP=共同)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は30日、バンクーバーで行われ、女子はシニア転向1季目で15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)がGPシリーズ初制覇を果たした。フリーで2種類の4回転ジャンプ計3本をきれいに成功させ、180・89点。フリーと合計点の265・08点で自身の世界最高得点を更新し、「とても興奮している。予定したことは全てできた」と振り返った。

フリーの技術点は、男子トップ選手にも匹敵する106・15点。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の着氷が乱れたため、伸びしろはまだある。北京冬季五輪金メダル候補の15歳は、「もっとうまくなれるように努力したい」と貪欲だった。