五輪「金」の西矢が2位 中山3位、ストリートL

ストリートリーグ第2戦女子の表彰台でポーズをとる2位の西矢椛(左)と3位の中山楓奈(右)=レークハバスシティー(ゲッティ=共同)
ストリートリーグ第2戦女子の表彰台でポーズをとる2位の西矢椛(左)と3位の中山楓奈(右)=レークハバスシティー(ゲッティ=共同)

スケートボード・ストリートの世界最高峰プロツアー、ストリートリーグ(SLS)第2戦は30日、米アリゾナ州レークハバスシティーで決勝が行われ、女子は東京五輪金メダルの西矢椛が18・5点で2位に入った。五輪銅メダルで、8月のSLS第1戦で2位だった中山楓奈(ともにムラサキスポーツ)は16・1点で3位だった。

五輪銀メダルのライッサ・レアウ(ブラジル)が19・2点で2連勝。日本勢が出場していない男子はナイジャ・ヒューストン(米国)が制した。今季最終戦は米フロリダ州ジャクソンビルで11月13、14日に開かれる。(共同)