大谷翔平、ロスから帰国 MVPの有力候補

エンゼルスの大谷翔平(ゲッティ=共同)
エンゼルスの大谷翔平(ゲッティ=共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)がロサンゼルスから帰国したことが30日、関係者の話で分かった。

大谷は28日に選手会の選手間投票による年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に日本選手で初めて選出され、ア・リーグ最優秀野手にも輝いた。選手最高の栄誉、記者投票による最優秀選手(MVP、11月18日=日本時間同19日発表)でも有力候補に挙がっている。

4年目の今季は投打の「二刀流」で活躍し、投手で9勝2敗、打者ではリーグ3位の46本塁打。7年ぶりのコミッショナー特別表彰を受け、専門誌ベースボール・アメリカの年間最優秀選手、ベースボール・ダイジェストの野手部門の最優秀選手、スポーティング・ニューズでも年間最優秀選手と受賞が続いている。(共同)