自民・御法川氏信英氏、危なげなく6選 秋田3区

開票開始と同時に当確の報が入り、支持者らの万歳に包まれる御法川信英氏(中央)=10月31日、秋田県大仙市のホテル
開票開始と同時に当確の報が入り、支持者らの万歳に包まれる御法川信英氏(中央)=10月31日、秋田県大仙市のホテル

自民前職の御法川信英氏(57)が、共産新人の杉山彰氏(55)との一騎打ちを制し、早々に6選を確実にした。

当選確実の一報を受けて大仙市のホテルに姿を見せた御法川氏は、詰めかけた大勢の支持者らに大きな拍手で迎えられると、笑みを浮かべて支持者に応えた。

選挙戦で御法川氏は、コメ需要の低落傾向に伴う今秋の米価下落や肉牛生産増など農業問題を中心に訴え、支持を浸透させた。御法川氏は支持者を前に「これから新型コロナ後の地域経済対策が重要になるが、選挙期間中に皆さまから今秋の米価下落への不安の声を多数いただいた。米価が毎年変動することについて、もう一度考えないといけない」と話した。