春高バレー

宮城と石川の代表校が決定

「春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)の地方大会は30日、宮城と石川で決勝が行われ、宮城の男子は仙台商、女子は古川学園が、石川の男子は石川工、女子は金沢商がそれぞれ全国切符を手にした。

本大会は東京体育館(東京都渋谷区)で来年1月5日に開幕し、9日に男女の決勝を実施。新型コロナウイルスの感染予防策として無観客で行われる。

【宮城】

▽男子決勝

仙台商 3 25―20 0 東北

25―23

25―17

▽女子決勝

古川学園 3 25―12 0 利府

25―19

25―15

【石川】

▽男子決勝

石川工 3 25―13 0 小松大谷

25―19

25―20

▽女子決勝

金沢商 3 25―15 2 星稜

19―25

25―23

18―25

15―13