喜田8位、大岩は13位 D・アベリナが4連覇 新体操世界選手権

【新体操世界選手権第4日・個人総合決勝】喜田純鈴のフープの演技=北九州市・西日本総合展示場新館(代表撮影)
【新体操世界選手権第4日・個人総合決勝】喜田純鈴のフープの演技=北九州市・西日本総合展示場新館(代表撮影)

新体操の世界選手権第4日は30日、北九州市の西日本総合展示場で個人総合決勝が行われ、ともに東京五輪代表の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が4種目合計96・450点で8位に入り、大岩千未来(イオン)は93・400点で13位だった。

東京五輪銀メダルのジーナ・アベリナ(RGF=ロシア連盟)が108・400点で4連覇し、五輪銅メダルのアリーナ・ハルナスコ(ベラルーシ)が105・300点で2位、アリーナ・アベリナ(RGF)が3位となった。