春高バレー群馬

男子・太田、館林競り勝つ 女子・前橋商など上位校倒す

「春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会の群馬県県予選会(県バレーボール協会、産経新聞社など主催)は30日、県内7会場で男女で計31試合を行った。男子は1回戦7試合、2回戦8試合、女子は2回戦、3回戦とも各8試合を実施し、男女で16強まで絞り込んだ。男子は太田や高崎商、館林などが勝ち上がり、女子は1回戦から勝ち進んだ高崎北と前橋商が上位校を破るなど波乱も。31日の第3ラウンドでは準々決勝までを行う。

【男子】

▽1回戦

東農大二 2 25-11 0 桐生清桜

25-21

藤岡工  2 25-17 0 市太田

25-15

館林商工 2 25-11 0 利根実

25-14

吾妻中央 2 25-18 1 前橋育英

22-25

25-17

高崎北  2 25-14 0 安中総合学園

31-29

樹  徳 2 25-23 1 渋  川

18-25

25-18

前橋南  2 21-25 1 前橋工

26-24

25-20

▽2回戦

太  田 2 22-25 1 東農大二

25-18

25-22

高崎経大 2 25-14 0 沼  田

付      25-5

前  橋 2 25-19 0 藤岡工

25-19

太田工  2 25-10 0 館林商工

25-13

渋川工  2 25-17 0 吾妻中央

25-16

高崎商  2 25-11 0 高崎北

25-12

館  林 2 28-26 0 樹  徳

25-19

前橋南  2 26-24 0 藤岡中央

25-19