奈良の鳥インフル再検査へ

奈良県庁=奈良市
奈良県庁=奈良市

奈良県は30日、同県宇陀市の養鶏場で29日に死んでいると連絡があった鶏の遺伝子検査をした結果、鳥インフルエンザ感染の有無を判定できなかったと発表した。農林水産省の判断で農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)に検体を送って再検査する。

県は当初、鳥インフルの感染が確定した場合に搬出制限の対象となる養鶏場を9カ所と発表していたが、13カ所だったと訂正した。

再検査で感染が確定すれば、養鶏場での鳥インフル発生は今季初となる。確定した場合、この養鶏場で飼育している全ての鶏約1万4千羽を殺処分する。この養鶏場から半径3キロ以内の養鶏場4カ所に鶏や卵などの移動制限を、3~10キロの養鶏場13カ所に域外への搬出制限を設定する。