女子高生と自衛隊 異色のコラボ 地域との架け橋に

自衛隊員の「あるあるエピソード」などを題材にしたかるた(鈴木正行撮影)
自衛隊員の「あるあるエピソード」などを題材にしたかるた(鈴木正行撮影)

女子高生と自衛隊がコラボレーション-。宇都宮市の宇都宮文星女子高が、自衛隊栃木地方協力本部(宇都宮市)の広報・隊員募集で連携している。同校の生徒が自衛隊員「あるあるエピソード」かるたや戦闘機、戦車の模型を作製したほか、隊員募集の横断幕を寄贈した。お堅いイメージの自衛隊と青春を謳歌(おうか)する女子高生。そんな両者の交流は全国でも珍しいという。

「あるある」かるた

同校と同本部の交流が始まったのは約2年前。同校美術デザインコースの宮本明子教諭が航空自衛隊基地見学に参加し、その体験をまとめたパネルを制作。同本部が宇都宮市内の広報掲示板に掲示したことがきっかけだった。

航空自衛隊の戦闘機「F-4EJファントムⅡ」が今年3月で退役することを聞いた宮本教諭は昨年、教え子と相談して段ボール製の模型を作製した。「イベントなどの広報活動に役立てて」と持ちかけ、同本部は広報イベントなどで模型を飾った。

ファントムの模型は、自衛隊栃木地方協力本部が実施した広報イベントで活躍している(同本部提供)
ファントムの模型は、自衛隊栃木地方協力本部が実施した広報イベントで活躍している(同本部提供)

さらに今年2月、当時の在校生が約2週間かけて作ったかるたも、交流の深まりに一役買った。

読み札の多くは、生徒の親戚などの自衛官から聞いた「あるあるエピソード」が題材だ。

「ヘリコプター 初めの訓練 突き落とし」

「のびる雲 華麗な演技 ブルーインパルス」

絵札は、陸上自衛隊はウサギ、海上自衛隊はカエル、航空自衛隊はキツネとし、国宝「鳥獣戯画」風のタッチで描いた。同本部は、このかるたを中学生の職場体験や会員制交流サイト(SNS)などで活用しており好評だ。