ブレーブスが2勝1敗に アストロズに2-0 Wシリーズ第3戦

アストロズ戦の3回、ライリーの先制二塁打で生還し、チームメートに迎えられるブレーブスのロサリオ(中央)=アトランタ(共同)
アストロズ戦の3回、ライリーの先制二塁打で生還し、チームメートに迎えられるブレーブスのロサリオ(中央)=アトランタ(共同)

米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)第3戦は29日、気温10度、冷たい霧雨の降るアトランタで行われ、本拠のブレーブス(ナ・リーグ)が2-0でアストロズ(ア・リーグ)を下し、対戦成績を2勝1敗とした。

ブレーブスは三回にライリーの三塁線を破る二塁打で1点を先行、八回には7番ダーノーがセンターへソロ本塁打を放って2点差、最後は守護神の左腕スミスが抑えて逃げ切った。アストロズは自慢の打線がブレーブスの繰り出した5投手に七回まで無安打のわずか2安打と沈黙した。

第4戦は30日(日本時間31日)に同地で行われる。