邦字紙ニッケイ新聞廃刊へ、「ブラジル日報」が後継

ブラジルの邦字紙「ニッケイ新聞」(共同)
ブラジルの邦字紙「ニッケイ新聞」(共同)

海外で最大の日系人社会を抱えるブラジルで唯一の邦字紙「ニッケイ新聞」(高木ラウル社長、本社サンパウロ)が経営悪化で2021年末に廃刊し、実質的な後継紙として「ブラジル日報」が22年1月に創刊されることになった。関係者が29日、サンパウロで発表した。

ニッケイ新聞は1947年創刊の「パウリスタ新聞」と49年に分派した「日伯毎日新聞」の両紙が、98年に合併してできた日刊紙。深沢正雪編集長によると、読者の平均年齢は80歳以上。

日本語が読める読者が減少し、最近の発行部数は約3500部に落ち込んでいた。新型コロナウイルス流行が読者や広告主減少に拍車を掛けた。

19年に別の邦字紙「サンパウロ新聞」が廃刊し、ニッケイ新聞がブラジル唯一の邦字紙となっていた。(共同)