ロッテ荻野が最年長盗塁王 最多安打と全試合出場も達成

3回ロッテ1死一塁、荻野が三塁内野安打を放つ=ZOZOマリン
3回ロッテ1死一塁、荻野が三塁内野安打を放つ=ZOZOマリン

ロッテは30日、日本ハムに3-5で敗れ、レギュラーシーズンの全日程を終えた。4人で分け合った今季のパ・リーグ盗塁王に、ベテランも名を連ねた。三回2死一、三塁、一走のロッテの荻野は、中村奨の打席の1球目に仕掛けた。「チャンスがあれば、行きたいと思っていた」。ボールは大きく外れ、悠々と二塁に到達。今季24個目の盗塁成功でつかんだタイトルには、史上最年長のおまけがついた。

12年目の今季は充実したシーズンを過ごした。自身初の全試合出場を達成。1番打者として169安打を放ち、最多安打のタイトルも獲得した。これまでけがでの離脱が多かった反省から、今季は疲れを翌日に残さないように体のケアを入念に行ったという。「しんどい時もあったが、終わってみたらあっという間。タイトルよりも、しっかり最後までやり切れた達成感の方が大きい」と振り返る。

36歳。俊足を武器にしているが「スピードに関しては、新人の頃に比べると落ちている」との自覚もある。ともに盗塁王となった同僚の和田について「足の速さはけた違い。僕は勝負にならない」。その分、思い切りの良いスタートと走塁技術でカバーし、リーグトップのチーム得点にも貢献した。

チームは最終盤で優勝を逃した。「優勝できなかっのは本当に悔しいし、2位には満足していない。(クライマックスシリーズは)自分のスイングをして勢いをつけたい」。日本一を目指し、最後まで駆け抜ける。(神田さやか)