「ONE PIECE」コミックス100巻の原画一挙初公開 30日からフジテレビ本社屋で記念イベント 

入り口では巨大原画がお出迎え=東京・台場の5Fフジテレビギャラリー
入り口では巨大原画がお出迎え=東京・台場の5Fフジテレビギャラリー

「ONE PIECE」(尾田栄一郎原作)のコミックス100巻到達を記念したイベント「ONE PIECE COMICS“100”COVERS GALLERY」(無料)が、30日から来年1月30日まで東京・台場のフジテレビ本社屋で開催されることになり29日、内覧会が行われた。

巨大コミックスゲートが出迎える5Fフジテレビギャラリー。ルフィとシャンクスの名シーンから始まる100巻すべての「表紙複製原画」が展示されている。そのスペースは長さにして約66メートルと壮観だ。

そして、1999年10月にスタートしたアニメ「ワンピ-ス」(日曜前9・30)の放送が11月21日に1000話を迎えることを記念し「スペシャル映像コーナー」を用意。さらに、歩いていくと「99+100+101巻の巨大ビジュアルコーナー」がある。ここではファン参加の思い出のベストショットの撮影が可能(101巻の展示はコミックス発売日以降)だ。

ベストショットの撮影ができるビジュアルコーナー=東京・台場の5Fフジテレビギャラリー
ベストショットの撮影ができるビジュアルコーナー=東京・台場の5Fフジテレビギャラリー

物販コーナーではコミックスをはじめ、会場限定グッズ(当面は予約受け付け)となる文具類なども販売されている。

事業局の種田義彦ゼネラルプロデューサーは「100巻の原画が一挙公開されるイベントは初。記念すべきタイミングでみなさまをお迎えできることをうれしく思う」と語る。

100巻分の表紙複製原画が並ぶ=東京・台場の5Fフジテレビギャラリー
100巻分の表紙複製原画が並ぶ=東京・台場の5Fフジテレビギャラリー

今年6月頃から企画していたイベントは当初、100巻の発売日に合わせた9月上旬から予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた。

感染者数も減りつつあり「社屋内も通常営業となったので楽しんでいただけたら」と種田Pは話している。

巨大サイズのアニメ1000話記念ビジュアルは「フジテレビモール」(1F)と「フジさんテラス」(7F)に展示されている

イベントは、午前10時から午後6時まで(月曜休館、月曜が祝日の場合は翌日)。

(産経デジタル)