前旭川市長の衆院立民候補に殺害予告 一部活動休止

インターネット上に衆院選北海道6区に出馬する立憲民主党新人で前旭川市長の西川将人氏(52)を殺害するとの書き込みがあることが29日、陣営関係者への取材で分かった。西川氏は同日、街頭演説など一部活動を休止した。

陣営関係者によると、28日夜に道警からツイッターに「西川将人 襲撃して殺してOK」との書き込みがあったと連絡を受けたという。

29日には企業回りや街頭演説などの予定があったが、安全を考慮して休止を決めた。道警は西川氏の関係先を警備している。

6区には自民党新人の元道議、東国幹氏(53)も立候補している。