米の駐台代表が初会見 「台湾の自己防衛を支援」

着任後初の記者会見に臨む、米国在台協会台北事務所のサンドラ・オウドカーク所長=29日、台北(AP)
着任後初の記者会見に臨む、米国在台協会台北事務所のサンドラ・オウドカーク所長=29日、台北(AP)

【台北=矢板明夫】米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)台北事務所のサンドラ・オウドカーク所長(駐台大使に相当)が29日、着任後初の記者会見を行い、「米国は台湾の自己防衛を支援する」と表明した。「台湾が中国から攻撃された場合に米国が台湾防衛に参加するか」との質問には「米国の対台湾政策は明確で、変更していない」と述べるにとどめた。

オウドカーク氏は「インド太平洋地域の安定と台湾海峡の平和は米国の国益にかなう」と強調。その上で、中国の軍用機が最近、台湾の防空識別圏(ADIZ)に繰り返し進入していることを念頭に、「中国による台湾海峡の安定を損なう行為を憂慮している。米国は引き続き、台湾が十分な防衛能力を備えるように支援を行う」と述べた。

台湾の蔡英文総統が28日に放送された米CNNのインタビューで「米軍が台湾に駐留している」と認めたことについて、オウドカーク氏は「米国による台湾支持は盤石だ」としつつ、駐留人数や活動状況などに関する詳しい説明は避けた。

オウドカーク氏は7月に着任したAIT初の女性所長。北京にも駐在したことがあり、中国問題の専門家として知られる。