都内感染者4千人計上漏れ 保健所ミス

東京都庁第一本庁舎
東京都庁第一本庁舎

東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者数の集計で保健所からの報告漏れなどが4~10月分で多数判明し、累計が4065人増加すると発表した。夏の第5波での感染者が多くを占めているという。

都によると、各保健所が集計システムを通じて都に報告する際、患者の情報に不備があったり、内容を確認したことを示すボタンを押し忘れたりしたため、4512人が未計上となっていた。一方で、患者の重複などにより447人分が実際より多くなっていたとして、累計では4065人の増加となった。