韓国発コミックが世界標準へ 日本のマンガ文化は淘汰されるのか

韓国発のマンガが日本で読者を増やしている。モノクロ主体の日本マンガと違い、オールカラー。スマートフォンを使い、上から下へ読み進める縦スクロール式が特徴だ。「縦スクロールマンガが世界標準になる」との見方もあり、日本の出版社が参入する動きが起きている。日本が世界に誇るマンガ文化は淘汰されるのか。

隙間ですらすら

「マンガ好きのみならず、スマートフォンでコンテンツを楽しむ層に幅広くアピールし、マンガを楽しむきっかけ作りや習慣化に成功した」と、電子コミック配信サービス「ピッコマ」の広報担当者。

ピッコマは、韓国IT大手の日本法人「カカオジャパン」(東京)が運営。韓国作品を日本向けにローカライズした縦スクマンガ『俺だけレベルアップな件』が昨年5月に月間販売金額2億円を突破し、出版界の注目を集めた。

ピッコマの年間累計販売金額は令和元年の約134億円から同2年の約376億円に急増。配信作品に占める縦スクの割合は、作品数こそ約1・4%だが売り上げでは約50%を占める。

ランキング

  1. 理研がコロナの「ファクターX」一部解明 オミクロン株に効果か

  2. ICTで変わる子どもの学習環境 GIGAスクール時代にプリント教材の果たす役割[Sponsored]

  3. ウサギ駅長「ラビたま」、18日に引退 埼玉高速鉄道

  4. 大阪府警駅伝部、ニューイヤー駆ける 唯一の公務員チームが全国へ

  5. 運転士手配忘れ、JR湖西線運休 7600人影響

  6. 【THE古墳】箸墓古墳 宇宙から卑弥呼に迫る

  7. 【話の肖像画】輪島功一(8)左1本で1回KO勝ちの仰天デビュー

  8. 「だめなら言って」10万円一括給付で大阪市長が苦言

  9. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  10. 【変わるラジオ㊥】FM〝大競争〟時代へ 9割超のAMが転換 生き残りかけ番組強化