片寄涼太が月9初出演で敏腕弁護士役 医師役の鈴木伸之と対峙

俳優として重厚な芝居に臨んだ片寄涼太(右)と鈴木伸之(C)フジテレビ
俳優として重厚な芝居に臨んだ片寄涼太(右)と鈴木伸之(C)フジテレビ

GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太(27)が、11月8日放送の「ラジエーションハウスⅠⅠ~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・0、フジテレビ系)で月9初出演。同じ事務所に所属する劇団EXILEの鈴木伸之(29)と対峙するシーンに臨んだ。

片寄は第6話のゲストとして登場するもので、敏腕弁護士の武藤健を演じる。甘春総合病院に現れた武藤は、整形外科医の辻村(鈴木)がある高齢女性の重大な病気を見逃したと主張し医療過誤で訴える。

武藤は患者を装ってわざわざ精密検査を受けるなど病院を内偵。エリートである医師たちは地位や名誉を守るために過ちを認めず、保身のためなら隠蔽にも手を染めるものだとし、唯織(窪田正孝)ら“ラジハ”メンバーにも情報提供を求める。

「みなさんが医師に逆らえない立場だということは十分、分かっています。しかし、それでいいのでしょうか」

「地位も名誉もないみなさんなら本当のことを話してくれる…そう信じ、僕はここに来たのです」

劇中、鋭いせりふを言い放つ役どころだ。

ゴールデンタイムへのドラマ出演も弁護士役も初という片寄は「自分の中ではずっと“ドラマ=月9”というイメージ。花形で由緒ある枠に出させていただけて大変光栄。親に報告したらとても喜んでくれた」と興奮を隠せない。

「一緒の作品をやったこともある」という鈴木とは「久しぶりだね」と現場で会話も弾んだそうで「(ドラマで共演するのは)何か不思議な感じもあったが、ノブ君が役の辻村先生として接してくれたので、僕自身はすごくお芝居がやりやすかった」と片寄は話していた。

出演は本田翼、広瀬アリス、遠藤憲一、和久井映見ら。

(産経デジタル)