日本がアイスホッケーの北京パラ最終予選へ 繰り上がり出場

日本パラアイスホッケー協会は29日、北京冬季パラリンピックの最終予選に日本が繰り上がりで出場することが決まったと発表した。9月の世界選手権Bプール(2部相当)で日本は4位となり、上位3チームが進出できる最終予選の出場権を逃したが、1位になった中国が北京大会の開催国枠を与えられているため、最終予選を辞退した。

最終予選は11月下旬にドイツで開催される予定。日本を含む6チームが参加し、上位2チームが北京大会の出場権を得る。