セクハラ辞任の前NY州知事を訴追 米捜査当局

前ニューヨーク州知事のクオモ容疑者(ロイター)
前ニューヨーク州知事のクオモ容疑者(ロイター)

【ニューヨーク=平田雄介】女性の胸を無理やり触ったとして米東部ニューヨーク州前知事のアンドルー・クオモ氏(63)が、州の刑法に違反した疑いで捜査当局に訴追された。28日、米メディアが伝えた。同氏の弁護士は訴状の内容を否認している。同氏は8月、部下ら女性11人へのセクハラを州司法省の調査で認定され、辞任していた。

訴状によると、同氏は州都オールバニの知事公邸で昨年12月7日、女性の服の中に無理やり手を入れ、胸を触ったとされる。

オールバニの裁判所は同氏に対し、11月17日に出頭するよう求める召喚状を出した。同氏の弁護士は「誰にも暴行したことはない」と声明を出した。裁判で有罪となった場合、最大で禁錮1年を科される。

同氏のセクハラ疑惑をめぐっては、複数の女性が刑事告訴し、州内の検察当局が捜査している。

同氏は昨年春の新型コロナウイルス危機の際、連日の記者会見で雄弁に予防策を伝え、指導力をたたえられた。一方で、感染拡大初期に外出禁止令を出すのを拒み、被害を拡大させたと指摘されている。