〈独自〉山崎拓氏の除名求める申し入れ書を提出 自民前職

応援演説に立った元自民党幹事長の山崎拓氏=10月27日、大阪府高槻市
応援演説に立った元自民党幹事長の山崎拓氏=10月27日、大阪府高槻市

自民党の山崎拓元副総裁が衆院大阪10区から出馬している立憲民主党前職の辻元清美氏の応援演説をした問題で、同区から立候補している自民前職の大隈和英氏は28日、自民大阪府連に対し、党本部に山崎氏の除名処分を上申するよう求める申し入れ書を提出した。

申し入れ書は、山崎氏について「他党公認候補が当選すれば日本の政治のためになる旨の発言をしている」と指摘した。その上で「選挙戦に多大な影響を及ぼしている」として、府連内で早急に協議し、党本部への処分上申を求めた。

山崎氏は27日、大阪府高槻市で辻元氏の応援演説を行い、「小選挙区は辻元清美、比例区は自民党という立場だが、理解をいただきたい。辻元清美が当選すれば、日本の政治のためになる」などと訴えた。

大阪10区からは辻元、大隈両氏のほか、日本維新の会新人の池下卓氏も立候補している。

山崎拓氏「小選挙区は辻元清美、比例は自民」