国民・玉木代表、福岡で立憲候補とマイク握る

福岡・天神で街頭演説した国民民主党の玉木雄一郎代表
福岡・天神で街頭演説した国民民主党の玉木雄一郎代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は28日、宮崎、福岡両県に入り、同党が宮崎2区と比例九州ブロックで擁立した新人候補への支持を訴えた。福岡市中央区での街頭演説では、福岡2区から立候補した立憲民主党前職とともに、マイクを握る場面もあった。

立民、国民両党は外交や安全保障、エネルギー政策の面で合意できず、野党共闘をめぐる共産党との立ち位置でも距離感がある。ただ、自民前職と激戦を繰り広げる福岡2区の前職にとっては国民を支持する民間労組の支持は欠かせない。国民にとっても大票田の福岡で比例票の上積みを図りたいという思惑が重なり、「呉越同舟」となった。

玉木氏は、岸田文雄政権について「うそやごまかしの政治を改めてもらわなければならない」と批判した一方で、「何でも反対だったり、週刊誌を片手に質問することを続けても、信頼も戻ってこない」と述べ、立民など野党の国会審議姿勢にも苦言を呈した。