冬の体調管理の鍵握る「のどケア」 違和感に即対処するアイテムで元気に乗り切る

肌寒い日が増えてきて、冬が近づいていることを体感する人も多いのではないだろうか。

年末に向けた多忙な日々の中で、体調管理がおろそかになりがちだったり、気温の低下や空気の乾燥などによって、体調を崩しやすい季節でもある。そんな季節を乗り切るために、健康には欠かせない大切なのどの役割と、のどを守るケアの方法を紹介する。

のどに侵入した異物を排出する働き

のどには呼吸と一緒に体内に侵入した異物を排出する機能がある。私たちが普段無意識に行う「呼吸」によって取り込まれる空気の中には、ホコリやばい菌、化学物質、花粉などの異物が浮遊している。これらの異物がそのままのど粘膜に付着したり、気道や肺にとりこまれてしまうと、体調を崩す恐れがある。

しかし、そうならないのは、のどの内壁を覆う「線毛」が「のどのバリア機能」を働かせて、異物を排出しているためだ。

「線毛運動」と呼ばれる、その働きのおかげで私たちは異物が肺に侵入することなく健康に過ごすことができている。

このように、健康のために欠かせない線毛運動にとって大敵となるのが、この季節に本格化する「冷え」や「乾燥」だ。

気温や湿度が低下すると線毛運動が弱まってしまい、異物の排出ができなくなる。通常「せき」や「たん」によって異物を排出しているが、その「せき」や「たん」がよりひどくなったり、のどの炎症を引き起こしたりする。さらに「線毛運動」が弱まってしまうという悪循環り陥り、体調不良を引き起こすだけでなく長引かせてしまう。

冬にせきやたんがおこりやすいのも、このように気温や湿度が下がることで「線毛運動」が弱ってしまう事が理由の一つと考えられている。そのため冬は、のどのケアがいっそう重要になる。

「習慣ケア」と「違和感への対処」

のどのケアといえばうがい、マスクがなじみ深く、多くの人が習慣化している。加えて、加湿や水分補給も効果的だ。

しかし、どんなに気を付けて日頃のケアを行っていても、「朝起きたら、のどに違和感がある」「ホコリっぽい場所でのどがイガイガしてせきがでる」といった経験は誰しもあるもの。

ここで重要なのが、のどに違和感を覚えたら、直ぐに対処をすることだ。

せきやたん、のどに違和感があるときは「線毛運動」が弱っていて、「のどのバリア機能」を十分に機能できていないとき。すぐに症状を和らげて、線毛運動が正常に働くよう対処することが大切になる。

水なしで服用する龍角散ダイレクトシリーズ

そんなのどの違和感を覚えた時の早めの対処にぴったりなのが、水なしで服用する「龍角散ダイレクトシリーズ」。

のどの専門メーカーである龍角散が開発した第3類医薬品だ。微粉末生薬成分がのどの粘膜に直接作用して、線毛運動を活発に。のどのうるおいを保ち、せき、たん、のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感に効果を期待できるという。

龍角散ダイレクトシリーズのおすすめポイントは、いつでもどこでもサッとのどケアができる点。なぜなら、

・水なしで服用できる

・眠くなる成分が配合されていない

・シュガーフリーで糖分が気にならない

・1日6回まで服用可能(服用間隔は2時間以上空ける)

という特徴があるためだ。

その結果、「のどに不快感あるのに水がなくて飲めない…」「仕事中に眠くなると困るから服用できない」という悩みからも解放され、「あれ?のどが変だな…」と思ったタイミングで気兼ねなくすぐに服用できる。

龍角散ダイレクトは、粉薬が苦手でも服用しやすい淡雪のようにサッと溶ける顆粒タイプの『龍角散ダイレクトスティック(ミント・ピーチ)』。

のどの痛みにも効果を発揮するというトローチタイプの『龍角散ダイレクトトローチマンゴーR』をラインアップ。

どちらも、持ち運びにとても便利な個包装で、ポーチやポケットに忍ばせ、会議中、通勤時、商談前などいつでものどケアを行えるため、ビジネスシーンでも重宝するアイテムになっている。

年末に向け、仕事や家事に忙しく休んでいられない時期がやってくる。今回紹介したようにのどには健康を守る「線毛運動」という重要な機能があり、この冬を健康に乗り切るためにも体調管理の一環としてしっかりのどケアをしていかなければならない。

のどの「線毛運動」を正常な状態に整え健康を維持するために、日頃のケアはもちろんのこと、のどに違和感を覚えたときには、龍角散ダイレクトシリーズを服用して、生活や仕事のサイクルも整えられそうだ。

龍角散ダイレクトの公式サイトはこちらから