政府、来月以降のイベント上限1万人解除決定

政府は28日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を持ち回りで開き、東京都など27都道府県での大規模イベントに求めている観客数1万人の上限について、11月1日から解除する方針を決めた。野球やサッカーなどのスポーツや音楽ライブといった大声を出すイベントでも、数万人単位の観客を入れて開催できるようになる。

現在、新型コロナの感染拡大を防ぐため、イベントでは観客数を5千人または収容定員の原則50%以内のうち、多い方を上限としている。特に9月末で緊急事態宣言や蔓延(まんえん)防止等重点措置を解除した地域については、1カ月間の経過措置として上限を1万人としており、例えば収容人数5万人の会場でも50%の2万5千人を入れることはできなかった。

政府は感染状況が比較的落ち着いていることから、50%以内という制限は当面維持した上で、この1万人の上限部分を解除する。