JRA側は争う姿勢 馬房削減めぐり調教師が提訴

大津地裁=大津市
大津地裁=大津市

調教した馬が東京競馬場のGⅢレースで優勝した際、新型コロナウイルス対策の接触制限に違反して騎手と記念撮影をしたことを理由に、日本中央競馬会(JRA)から貸与されていた厩舎(きゅうしゃ)の馬房を削減されたのは不当として、調教師の須貝(すがい)尚介氏がJRAに約700万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、大津地裁(堀部亮一裁判長)で開かれ、JRA側は請求棄却を求めた。

訴状などによると、JRAは昨年10月上旬、GⅠレースに限り調教師が優勝馬の馬主らと撮影するのを許可し、騎手との撮影は「不可」とする感染対策を通知。須貝氏は担当した馬が昨年10月10日のGⅢレースで優勝した際、通知に関し「GⅠレース」を「Gレース」と見間違え、「不可」の部分も見落として騎手と撮影した。JRAは翌11月、馬房を二つ減らす処分を通知したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細