過労死認定、賠償命じる 東京の服飾雑貨会社に

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

服飾雑貨の製造会社に勤めていた40歳の男性が死亡したのは長時間労働が原因として、遺族が会社側に約7200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、過重労働と死亡との因果関係を認め、会社側に約1100万円の支払いを命じた。

判決によると、男性は東京都墨田区の「エスジー・コーポレーション」で商品管理などを担当していた平成27年11月、致死性不整脈で死亡した。労働基準監督署は29年8月、労災と認定した。

金沢秀樹裁判長は「タイムカードなどで従業員の業務時間を十分に管理していなかった」と指摘。パソコンの使用記録などから、男性の残業時間が死亡前の6カ月間で月約77~127時間に及んだと算定し「会社側は過重労働を抑制する義務を怠っており、重大な過失が認められる」と判断した。