藤井王位「課題を見つめ、前へ」 就位式で決意新たに

第62期王位就位式を終え、就位状を手にする藤井聡太王位=28日午後5時50分、東京都千代田区(代表撮影)
第62期王位就位式を終え、就位状を手にする藤井聡太王位=28日午後5時50分、東京都千代田区(代表撮影)

将棋の第62期王位戦七番勝負でタイトルを初防衛した藤井聡太王位(19)=棋聖・叡王=の王位就位式が28日、東京都千代田区で行われた。

藤井王位は6~8月に行われた王位戦で豊島将之竜王(31)の挑戦を4勝1敗で退け、初防衛を果たした。7月の棋聖初防衛に続き、2冠を堅持。9月には初挑戦の叡王戦で、当時叡王だった豊島竜王からタイトルを奪い、最年少3冠を達成した。

豊島竜王とは現在、第34期竜王戦七番勝負を戦っており、開幕2連勝。初の竜王位と史上最年少の4冠まで、あと2勝としている。

藤井王位は黒紋付き羽織はかま姿で登壇。主催新聞社代表の西日本新聞社などから就位状や王位杯、賞金目録、記念品などが贈られた。祝辞には師匠の杉本昌隆八段(52)が立ち、「豊島竜王との対局は『令和の名勝負』として続くだろう。藤井王位の今後の活躍が楽しみでしかない」と弟子の就位を喜んだ。

最後に藤井王位が「序盤で形勢を損ねてしまうことが多く、課題の見つかったシリーズだった。しっかり見つめ直して前に進んでいけたらと思う」などと謝辞を述べた。