中国、米軍の台湾での訓練に「断固反対」

中国外務省の汪文斌報道官(共同)
中国外務省の汪文斌報道官(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は28日の記者会見で、台湾の蔡英文総統が米軍特殊部隊が台湾の陸上部隊を訓練していることを認めたことに対し、「米側が台湾地区と行ういかなる公的往来や軍事的関係にも断固として反対する」と反発した。

汪氏は、台湾は中国の不可分の一部であるとする「一つの中国」原則について「中国と米国の関係の政治的な基礎だ」と米側に順守を求めた。その上で「米国が中国の内政に干渉することに反対する」と強調した。

さらに「『台湾独立』は歴史の流れに逆らうもので袋小路だ」とも発言した。