サムスンの売上高最高 半導体、スマホが好調

韓国サムスン電子は2021年7~9月期連結決算で、売上高は四半期として過去最高額と確定(ロイター)
韓国サムスン電子は2021年7~9月期連結決算で、売上高は四半期として過去最高額と確定(ロイター)

韓国の電機大手サムスン電子が28日発表した2021年7~9月期連結決算によると、売上高は前年同期比10%増の73兆9800億ウォン(約7兆1700億円)で、四半期として過去最高額と確定した。半導体や折り畳み式スマートフォンの売り上げが好調で、本業のもうけを示す営業利益は28%増の15兆8200億ウォン。

売上高は、これまでの最高額だった昨年7~9月期の約67兆ウォンを更新した。聯合ニュースによると、売上高が四半期で70兆ウォンを超えたのは初めて。営業利益も過去2番目に高かった。部門別では、半導体の営業利益が全体の6割以上を占める約10兆ウォンに達した。(共同)