パナソニック、売上高3兆5335億円 9月中間決算は増収増益

パナソニックが28日発表した令和3年9月中間連結決算は売上高が前年同期比15・5%増の3兆5335億円、最終利益が約3・1倍の1530億円の増収増益となった。本業のもうけを示す営業利益は約2・1倍の2012億円だった。

家電は巣ごもり需要の減少や、東南アジアのロックダウン(都市封鎖)の影響を受けたが情報通信向け事業や車載電池事業が伸長した。

4年3月期の業績予想は、売上高が前期比9%増の7兆3千億円、最終利益は45・4%増の2400億円に上方修正した。