ファッション

今年のトレンドカラーは癒やしの「グリーン」

「Jプレス」のジャケット(4万9500円)とパンツ(2万5300円)のセットアップスタイル。濃いグリーンでこなれた感じに(鴨志田拓海撮影)
「Jプレス」のジャケット(4万9500円)とパンツ(2万5300円)のセットアップスタイル。濃いグリーンでこなれた感じに(鴨志田拓海撮影)

10月も終わりに近づき、寒さが増してきました。今年は「グリーン」がトレンドカラーで、秋冬に向けてもさまざまな色みのアイテムがそろっています。その中から、リモートワークや、プライベートにも着やすいスタイルをご提案します。

こなれた感じに

グリーンや、同系色のカーキやオリーブ色は、昨年から注目されてきたカラーです。同様に、大地や植物などをモチーフにした「アースカラー」や、気取りのないカントリー調のスタイルも近年、人気を集めています。

このようなカラーやスタイルが人気の背景には、日常の中で少しでも自然を感じ、新型コロナウイルスの感染拡大で疲れた心を癒やしたい、という意識も働いているようです。

アメリカン・トラディショナルのブランド「Jプレス」からはこの秋、濃いグリーンのジャケットとパンツのセットアップが登場しました。

遠目からはブラックにも見えるほど濃い色なので、さまざまなカラーと合わせやすく、かつ、ネービーやブラックよりも、コーディネートをこなれた感じに見せてくれます。

ポリエステル素材のコーデュロイジャケットで、軽く、温かい着心地です。パンツのウエストはゴムなので、締め付けが少ないのもうれしいポイントです。

ジャケットの下には、お手持ちのホワイトやブラックなどの定番色はもちろん、より今年らしく着るのであれば、タートルネックよりも低めの襟のモックタートルネックのカットソーを合わせてみてください。