タピオカ店への脅迫認定、木下優樹菜さんに賠償命令 東京地裁

木下優樹菜さん
木下優樹菜さん

元タレントの木下優樹菜さんにインターネット上で脅され精神的苦痛を受けたとして、東京都のタピオカドリンク店の店長が木下さんに1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は27日、「脅迫行為に当たる」と認め、木下さんに40万円の支払いを命じた。

判決によると、木下さんは姉が勤務していた店とトラブルになり、写真共有アプリ「インスタグラム」で令和元年9月、店長に「事務所総出でやりますね」といったメッセージを送信。同10月には、店名が分かる商品の写真に「給料もちゃんともらえず」とのコメントを付けて投稿した。

沢村智子裁判長は、メッセージについて「芸能事務所の社会的影響力を使って、店長に不利な内容の記事を週刊誌に書かせるなどと告知しており、脅迫に当たる」と指摘した。給料に関する投稿も「真実ではなく、店長の社会的評価を低下させた」と認定。木下さんには当時530万人超のフォロワーがおり「店長が被った苦痛は相当程度大きい」とした。