岸田首相「日本が脱炭素を主導」 ASEAN首脳会議

政治 官邸に入る岸田文雄首相=27日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
政治 官邸に入る岸田文雄首相=27日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は27日、日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議にテレビ会議方式で出席し、「日本はカーボンニュートラルの実現に向け、国際社会を主導する」と述べた。その上で「(同日発表する)『日ASEAN気候変動アクションアジェンダ2・0』に基づくアジア各国との協力を推進する」と強調した。

首相は外相を務めた平成24年から29年までの間にASEAN全加盟国を延べ19回訪問し、各国首脳らと会談した実績に言及。「引き続きASEANとの関係を重視している。自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた取り組みを力強く推進していく」と語った。

日ASEAN友好協力50周年を迎える令和5年にはASEAN首脳らを日本に迎えるとして「日ASEAN関係を新たなステージに引き上げたい」と述べた。