「坪井さんの思い胸刻む」 首相、非核化へ覚悟表明

オバマ米大統領と話す被爆者の坪井直さん(右)。左は安倍晋三首相=平成28年5月27日、広島市中区(山田哲司撮影)
オバマ米大統領と話す被爆者の坪井直さん(右)。左は安倍晋三首相=平成28年5月27日、広島市中区(山田哲司撮影)

岸田文雄首相は27日、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員の坪井直さん死去を受け、核兵器のない世界に向けた坪井さんのこれまでの取り組みに触れた上で「謹んでお悔やみ申し上げる。坪井さんの思いを胸に刻み、前へ進む覚悟だ」と自身のツイッターに投稿した。

「坪井さんとは、核なき世界を目指してさまざまな場面でご協力をいただき、意見交換を重ねた」と振り返った。平成28年5月、当時のオバマ米大統領による広島訪問の際に同席してもらったことにも言及した。